岩手も昼間は夏のように暑い今日この頃です。
ビールで乾杯したくなりますね!

kanpai2

今回は、ビールのおつまみやご飯にもぴったりの特典を取材してきました。

株式会社北上まきさわ工房(以下、北上まきさわ工房)のウィンナーやベーコンなどがセットになった、美味しい詰め合わせです♪

ドイツでも評価される職人のウィンナー

北上まきさわ工房の製造所兼直売所は、北上駅から車で約7分の相去町山田という工業地帯の地区にあります。直売所にお邪魔すると、受賞歴がわかるいくつもの表彰楯が飾ってありました。

A1B_0712_加工済み


昨年(平成26年)はドイツの農業協会(DLG)食品国際品質競技会で快挙を成し遂げ、プレーンウィンナー、粗挽きウィンナー、チャーシュー(焼豚)の3商品が金賞を受賞特に基本中の基本であるプレーンウィンナーはごまかしのきかない、職人技が求められる究極の一品です。

これら商品の製造を手掛ける工場長の昆野さんは、ドイツで修行中の際、世界の食肉マイスターなら誰もが憧れるマイスタークオリティの称号も手にしています。これは日本人では唯一だそうで、こんな職人がつくる商品が美味しくないわけがありません!

以前、同社の方がドイツに視察に出向いたところ「konnoは元気にしているか?」「また一緒に仕事がしたい」と声をかけられたそうです。こんなエピソードからも、昆野さんは修業中時代から誠実な仕事をしてきたことが伝わります。

美味しさのもうひとつの秘密は希少な四元豚にあり!

北上まきさわ工房は創業以来、地元の豚肉を使った手作りハムやウィンナーを製造してきました。現在は、交配・飼育が難しいとされる希少な四元豚を中心に原料に使用しています。

四元豚の飼育に成功したのは、岩手県南にある住田町の有限会社ありす畜産。県内外に農場を持ち、北上市内にも養豚場があります。通常でさえ清潔な環境を好み、デリケートな生き物である豚の中でも四元豚を安定的に飼育し、出荷するのは並大抵の努力ではありません。

北上まきさわ工房は、ありす畜産に敬意を表し、自社で原料とする四元豚に「北上四匠豚(きたかみよんしょうとん)」と名付けています。

生産者と製造者の信頼関係を感じる命名です。そして、それぞれが同じ県内にあり、顔の見える距離にあるというのも安心ですね。

prod1

yakibuta

直売所でもよく出ているのがプレーンウィンナー(写真上・中央)とベーコンです。ドイツで金賞をとったチャーシューというのも珍しいですよね(写真下・中央)。

うれしいことに、ウィンナーはどれも4本入って390円(税込)。本場ドイツでも評価されている品質で、このお値段はお手頃です!


ご飯によくあう、まきさわ工房のウィンナー

with_gohan


直売所で気になる商品を手に入れ、帰ってからさっそく乾杯の準備をしました。「ご飯にあうように作っています。」と伺っていたので、ビールとワインの準備はもちろん、白いご飯も炊きました。

ウィンナーは火を通しすぎないのがコツ

あまり火を通しすぎないのがコツと伺ったので、プレーンウィンナー(冷蔵)は中火のフライパンで焦げ目をつける程度にして、おすすめのマスタード(※)などを添えました。ビールにもごはんにも、本当によくあいます!
※写真右下の粒々のほうのマスタード。今回ご紹介する詰め合わせにも含まれています

出汁が出た後も美味しいベーコン

汁物は、ベーコンと春キャベツのポトフにしました。西洋の鰹節とも言われるベーコンですが、うまみが出た後にも関わらず、まだしっかりと味が残っていて、これもご飯によくあいます♪

食らいつきたいスペアリブ!

もうひとつ、ご飯にあうときいて外せなかったのがこのスペアリブ!「女性おひとりでこれを食べる方もいるそうですよ。」と聞いていたので、さっそく私もいただきまーす!

IMG_5776

写真では品よくお箸を添えてみたのですが、やっぱり最後はこうやって食らいつきました。
うまーい!

29_up


残念ながら、特典の詰め合わせに、このスペアリブは含まれていないのですが、気になる方は通販か、お近くに来られる際は北上市内の取扱店で探してみてくださいね。

【通販】
北上まきさわ工房
http://www.makisawa.jp/

【店舗】
  • 北上まきさわ工房直売所

耳寄り情報!特売日には行列のできる直売所

直売所で定期的に行われる特売日には、北上まきさわ工房の美味しさを知る県内外の方々で行列ができるそうです。青森県や宮城県から車を走らせてやってくる方もいるほど。北上四匠豚がダイレクトに味わえる、直売所ならではの商品もあります。特売日は北上まきさわ工房のサイトでも案内していますよ♪

女子会にもおすすめ!まきさわ工房の詰め合わせ

tsumeawase

写真が、特典としてお届けされる北上まきさわ工房の詰め合わせです。ビールがすすむこれからの季節、家飲みのおつまみにも最適!
私も女子会をやりました♪

【詰め合わせの内容】
プレーンウィンナー100g×1 ※
粗挽きウィンナー100g×1
チーズ入りウィンナー100g×1
ベーコンブロック280g×1 ※
粗挽きフランク180g×1
ビアシンケン(ボロニア)200g×1
マスタード45g×1 ※
※がついているものが記事内で紹介されています。フライッシュケーゼ、チャーシュー、スペアリブは特典の中には含まれておりません。

▼お申し込みはふるさとチョイスから
10,000円以上20,000円未満の寄附でもらえる
28B003 北上まきさわ工房詰合せ
http://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/item_detail/03206/133606


編集後記

北上市内でもまきさわ工房さんの商品は有名ですが、今回、会長と社長に取材してみて改めてこの会社のすごさを知ることが出来ました。
ドイツのマイスタークオリティー認証でパーフェクトを獲得したり、ソーセージなどが金賞受賞していることもすごいのですが、それ以上に感動したことはものづくりのコンセプトです。
「日本のご飯に合うソーセージであること!」
「お年寄りが食べやすいように海外ではあまり馴染みのない『粗びき』に力を入れていること!」
確かにウィンナーソーセージのよく見るCMでは「パリッ!とした音や歯ごたえ」を売りにしていますが、ある意味それとは真逆の考え方で日本人を対象にした丁寧にものづくりをしていました。
ちなみにプレーンソーセージ以外にもあらきびソーセージ、チャーシューも金賞受賞しています。
店舗では毎月「特売日」を実施しているそうですが、大人気であっという間に売り切れてしまうそうです。
タイミング合う方はぜひお店に立ち寄ってみてください。

平成26年5月31日
北上市 地域・産業連携復興支援員 登内芳也


■本文(文・写真):(株)キミドリ
■編集後記:登内芳也